こんにちわ!

ミラクルワーカー&冒険家 平紀子です。

 

速報!
3月に帰国いたしまーす!
今年は鹿児島と岡山でイベント企画中♬
決定したらお知らせしますね。

清水の舞台度100%

 

この記事は2016年5月に書いたものを

2019年に1月、書き加えました。

 

今でもこのときの記憶は、

まことに鮮明です!

それくらいの「清水の舞台度」でした!

 

いろんな場面で

いろんな人々に助けてもらいました。

 

3月3日(ひな祭りの日!)は

私達の出会い記念日!

 

今年は13回目。

どんなギフトを差し出そうか、

今から考えます♡

 

そして、3年の間にずいぶん

私達の関係性も変わりました。

 

もちろんいい意味でね^^

 

カナダ人夫マークとの出会い5

 

パララーーーン!! ✨

 

マークと出会ってから。タイ編④からいよいよ最終回!となりました。❤️

 

今日はがんばって仕上げるぞおおお!!→ 意気込み激しく。ははは。😄

(と言いつつもすでに3日経っている私。。。)

 

では今日もスタート!ね。😃

 

恋は盲目、愛は強いのよ‼️とばかりに

 

カナダ行きのを練る模索し始めていたのであります。ふふふ。😁

 

7日間のファスティングも終わり、

美味しく料理も食べ始め、→ るん。❤️

体力も回復し、

マークと共通のお友達とも楽しく過ごしていた。😄

本当に、本当に楽しく過ごしていたのだ!!💕

 

ところがどっこい。。。。

 

ファスティンが終わって数日経った頃、

お互いにホリデイが終わり

お国へ帰ることに気がついた

→ 当たり前ですが、私は日本、マークはカナダ。💧

 

ガーーーーン!!

( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!

 

 

ガーーーン、がーーン、ガーン!!!!!

 

↑↑↑↑↑↑↑ショックのあまり、ひらがなまで入ってしまった。。。↑↑↑↑↑↑↑

 

なんとかしなければ。。。。

なんとか。。。

 

なんとか。。。。。

ああああ。。。。。😱

 

と言っている間に、

マークがバンコックに旅立つ日になってしまった。

 

私たちが出会った場所は

瀬渡し船でしか行けないところ。。。。

フェリーが出る港まで

マークを見送りに行くことに。。。。

 

見送るまでの間、なんの話をしたのやら。。。

全く覚えておらず。。。

とにかく!それくらいショックだった私。💧

 

帰りにランチを食べようと、

レストランに入るが、

全く何を食べてるかさえ分からない感じだった。

→ 味がなかったことだけは覚えてる。。。

 

元のビーチへ戻ってきても、

なーんにも感じなくなっていた。。。

→ マジよ、これ!!

 

その翌日くらいかなあ。。。

 

マークも私もヨガをやっていた。

 

そしてヨガをしている共通の友達に

スペインから来たサラがいた。

サラさんには、

イギリスとスペインから来ている二人がいたので、

スペインからのサラを

「スパニッシュサラ」と呼んでいた。😄

 

私はこのスパニッシュサラに、

思い余って相談することにした。💧💧

→ だってどうしていいか分かんなかったんだもん。。。

その頃の私の英語力。。。といえば、

マークの職業を間違えるほどタドタドしかったけれど、

 

そんなこと言ってられないわよ!!

 

そんな感じだったのかもしれない。

 

するとそのサラ、

 

「ビーチを歩こう。」😄

 

と私をビーチへ誘い、→

私:内心すげーーーー!外国人って、

こんなにサラッとしかもかっこよく「ビーチを歩こう。」

なーんて言うんだ!

 

と彼女には分からぬように

感心していたすっとこどっこいでした。ははは。😅

 

そしてそのスパニッシュサラ、

その後もこれまた

すごいことの連発でした!!

( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!

 

そもそも、彼女は情熱の国スペイン出身!!

言うことが違います!!

 

私に。。。

 

「私なら今すぐマークのところに行くわ!!

だって、熱いものも冷めちゃうでしょ!!!!」

 

私はマジで。。。

( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!

 

うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、うそ、

 

うっそおおおおおおおお!!!!

 

こんな感じだった。。。ははは。😅

 

が、

しかしである!!

 

何度も言うけど何と言っても

純粋培養」な私。

 

全くもって

真に受けるのである!!😄

 

「そおか。。。」

 

サラにそう告げると、

そこからが忙しく動き回っていくことになる!!

 

 

その当時、まだインターネットなどその名も

「インターネットカフェ」に行かなきゃ

メールも読めない時代。。。→ たった10年前よ!😀

 

そこからサラのパソコンに、

マークへのメールを下書きし、

そのパソコンを持ってインターネットカフェへ。

 

何度も言うようですが。。。。

私の英語力は当時そんなもので、

カフェで英語メールを打とうものなら、

膨大なかなりなお金がかかっていたのです。ははは。😅

 

もちろんメールの内容は。。。

 

私もバンコクへ明後日行きます‼️

会いましょう‼️

もう、本当に心臓が飛び出しそうだったよ!!

メールを送った時には。。。

 

そっからメールのやり取り数回。

 

マークのOKを取り付けもらって。。。と言っても

携帯も持ってない私。。。

空港オフィスでマークに電話し、

迎えに来てもらう約束を取り付け、

サムイ空港もまだ「かやぶき屋根」だった頃、

私は飛び立ったのです‼️

 

サムイ島のかやぶき屋根の空港から、

バンコクのできたばかりの新しい空港へ到着。

 

出口を探して出てみるとそこにはマークが。。。。

 

いない!!!😱

 

どうしよおおおお。。。。

 

と思っていたら、

なんとのんきにアイスコーヒーを買っている後ろ姿を発見!!

 

ばか、ばか、ばか、ばか!!!

 

と心で叫びながらも、ホッとする私。

→ 我が夫ながら彼は大物である。💖

 

 

そんな調子ではあったものの、

私のつたない英語、彼の忍耐強い英語を聞く力が重なり、

話しはなんとなくまとまって、方向をなしてきた!

 

ちなみに当時私は鹿児島の実家に住んでおり、

ちょうど仕事を辞めて、

ヒーリングの仕事を始めようとしていた時だった。😃

 

そしてそして、話しはどんどん⁉️というのか、

まとまっていき、

私は

一緒に住んでいた親にだまって。。。

って言ってもすでに37歳

→ そりゃ立派な大人でしょ!!😄

 

そのままマークと二人、

 

カナダへトンズラ、駆け落ち?!ぶっ飛ぶことを決意‼️

 

注)人には三度、「清水の舞台から飛び降りる」

ような出来事があります。。。。個人の意見です。😁

ちなみに後の二回はいつだったのか?

または今から来るのか??乞うご期待です。うふふ。❤️

 

そしてなぜ私に 「清水の舞台から飛び降りる」

決意させたのか?と言えば、

私の両親はとても保守的で、

当時の私にはカナダへ行く!と説得できる自信がなかったのです。💧

 

しかーし、決意した私&マークではあるものの、

 

その当時はオンラインでチケットを取るようなシステムではなく、

一軒一軒旅行会社を回り、

チケットが取れるかどうか

足で回らないといけなかった。💧

 

私: 。。。。ここでもし取れなかったら。。。。

マーク: 取れるかどうか分からないじゃん!やってみよう。

私: 無言。。。でも心の中では。。。

もし、もし取れなかったら、

やっぱり神様が今回は見送って、って言ってるんだわ。

もう一度鹿児島に帰って出直してくる。

 

いろんな思いと葛藤がありながら、

時にギクシャクと会話しながらも、

3軒目の旅行会社で

なんと、マークの出発した翌日に出る便に

 

空きがあることが判明!!

\(^o^)/\(^o^)/

 

しかも普通のお値段!!

(急にチケットを買うと、べらぼうに高くなるよね!)

 

そのうえ。。。マークが半分払ってくれると

オファーしてくれたではないか!!❤️

たった1ヶ月しか知り合ってないのに、

こんな親切な人っていないわ!!💖

 

などとマジで真顔で思った私。

 

もう今思えば。。。

信じられないミラクルだらけ‼️✨✨

 

そんなことを書きながら思い出す私。。。

 

いろんな思い、

ついでに我が親への罪悪感なども感じながら、

マークがバンコックから飛び立った翌日、

私もカナダへ飛び立ったのです。 💖

 

と。。。最終回は今日で終わらせようと、

かなり長いものになりました。ははは。😁

ここまでお読みくださってありがとうございます。😃

 

そして初めて入国するカナダ。

空港に着いてから。。。

入国審査でこれまたすごいことが起こっていくのです。。。ははは。😅

 

それはまた今度ね。💖

 

それはまた今度。。。。

と言って3年経ちました。

 

清水の舞台の余波は

カナダでも続くのです!ははは。

 

その今度も近日中に書きたいと思います!

 

まもなく完成!電子書籍!
「 国際結婚、海外移住、自由で豊かなミラクル人生
〜リミットを外したら全てが叶った!〜
-あなたは必ず守られている-」
Amazon Kindleで来月出版しまーす♫