※こちらは2017年7月28日に掲載した記事を

加筆修正したものです。

 

 

こんにちわ。

平紀子です。

 

 

さて、私の留学記を書こうかな、とPCの前に座ると。。。

 

 

なんか違うことをしたくなる!

 

なんなんコレ!!

 

と思いながら、思いながら。。。。

 

 

思い出したことがある!!

 

 

 

去年のタイでの出来事。

マークと一緒にマッサージへ行ったんだよね。^^ マッサージっていいよね。

しかもタイでは超がつくほどお安いお値段で極楽気分!

 

そこのマッサージは珍しく英語のヒットソングをかけていた。

 

マッサージに体を委ねてると。。。

あれ、この曲、この歌、と思い出す。

 

 

そう、思い出す

思い出し始めたのだ!!

 

 

その曲は私がロンドンに留学してた頃よくかかっていた曲。

 

そう、私がいつも辛いなあ。。。海外生活、大変だなあ。。。

私ってなんて貧しいの。。。こんなに真面目にやってんのに英語は身につかないし彼もできない。。。

 

そう思ってた頃にヒットしてた曲だった。

 

 

マッサージををされながら何気に聞いてたはずなのに、サビの部分が始まると

 

なんと私は泣いてしまった。。。

 

 

あの辛かった時代を思い出すのだ。この曲を聴くと。。。

 

何も持ってなくて、なんの役に立ってんだろう私。。。と悩み続け、

 

私の「夢を叶える」ってこんなに辛いことなの?

 

そう思いながらも頑張り続け、しがみ続けてた頃を。

 

 

それを思い出した。

 

 

そしてマークにも少しその辛かった話をした。

自分が何も持ってなくて、何やってるの?こんな生活がいつまで続くの?と悩みながら、

いつも辛い・辛いと思っていた頃のことを。

 

 

ブログに書き出す前にまずこの曲がを探そう!

そして思いっきり聞いてから書き出そう!

 

そう思ってまず誰が歌ってて、どの曲なのかから探し始めた。

それは私にとって、辛かった留学時代を終わらせる一歩になるような気がした。

 

曲の名前もアーティストもはっきりと覚えてなく、似たような名前を検索し、数日かかって見つかったのが

Robbie Williams (ロビー・ウィリアムス)のFeel (フィール・感じて)だった。

そしてこの曲を聴いて、あの時は分からなかった歌詞の意味も知った。

 

なんども大泣きした。

 

なんども、なんども聴いて大泣きした。

 

 

それほど私には辛い時代だったのだ。

ずっと気づかずに、終わったと思ってたけど、

ロンドン留学から15年も経っているのに、未だ何度も大泣きするほど癒えてない自分に唖然とした。。。。

 

唖然としながらも涙は止まらなかった。

 

何時間も聴いて、聴いて、聴いて、聴いて、そして書く元気が出て来た。

 

私がなんども聴いた曲です。(yutubeで見るをクリックしてね)

次回へ続く。

 

 

 

「心もカラダもダイエット!
4Daysコンプリートファスティングツアー」
2020年2月8日(土)〜2月11日(火)
残席2となりました^^

 

福岡開催!
「カナダ大人留学&親子留学交流会」
日時;3月28日(土)16:00~18:00
場所;福岡市内、新築カナディアンモデルハウス
詳細ができましたらお知らせいたします♬